弁護士と探る最善策

複数の選択肢が存在する債務整理の中でも、ある意味最終的な選択肢と位置付けられるのが自己破産であり、他の任意整理や個人再生、特定調停と比較しても、この四文字の世間一般に於ける周知度は圧倒的です。

自己破産と目や耳にすると、あたかも「人生終わった」と全てを投げ出して自暴自棄状態となるイメージに繋がりがちですが、実際には債務整理法の1つであり、あくまで債務者がその後の人生をリスタート出来る環境を整備構築する意味合いを有する借金問題解決策です。弁護士との質疑応答から、残念ながらその時点で抱える負債の自力返済が不可能と判断された場合、借金を免責すなわちゼロにしてもらう事で、経済社会に於ける自身の立ち位置を整え直す作業、これが自己破産です。

借金がゼロになるなら財産も何も要らない、とにかく楽になりたい、現実から逃れたいとの強い気持ちから、安易に自己破産を選択しようとする債務者も見られますが、自己破産にはそれなりの費用負担が必要であり、その他今後の社会生活に於いても、複数の制限が発生するなど、借金帳消しに対するリスクとデメリットは小さくありません。大切なのは自己破産という選択を、人生の一点だけを捉えてチョイスするのではなく、未来に続く「線」に於いてベストか否かを見極めねばなりません。