自己破産という解決法

自己破産に際しては「破産」なる二文字が示す通り、自身が有する動産不動産などの財産、必要最低限以外の預貯金などの現金などは全て、破産管財人に委ねねばならず、文字通り最低限の生活を営む上で必要な物以外、手元に残らぬ状況からの「人生のやり直し」となります。また職業制限として金融関係への就業は不可、一定期間は無断での遠距離移動や旅行は制限されるなど、日常生活上の制約も生じます。更には官報に破産の事実が掲載され、これは一生消す事は出来ません。ですが元来返済すべき借金を免責すなわちゼロとして貰う以上、債権者に及ぼしてしまったダメージは当然大きく、それを考慮すれば当然の社会的制裁と解釈出来ます。

もう1度繰り返す通り、自己破産は借金のみならず全てをゼロにリセットからの、自身の未来へ向けての人生の仕切り直しの究極の手法です。今回お経験を教訓に、金銭を含めた自己管理を徹底から熱心に働き、自分自身の足で経済社会を正しく歩み続ける決意が無ければ、自己破産で大切な諸々を失ってまで手に入れた自己再生のチャンスは活かせません。こうした精神的に求められる部分に関しても、不安があれば弁護士に借金返済の相談から、然るべきアドバイスや激励を仰ぐ姿勢も大切です。